スポンサーサイト
--/--(--) --:--|スポンサー広告|-|-|edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アルテウスの偉大なる冒険談 第37話
03/03(Mon) 22:40|ギリシャ神話アドベンチャーcomment(0)trackback(0)edit
<注:これはアルテウスの復讐のプレイレポートじゃ。ネタバレもあるから承知の上で読んでくれ>

 その後の拙者の活躍は、前回とそう相違ない。違う点だけを書いていくでござる。
 アマゾンの女戦士たちを軽く打ち倒して凱旋した後は、父君に挨拶もせずに宮殿から抜け出して、クレタ島に向かって旅立つ。
 とちゅうで恐るべき運命の魔女グライアイ姉妹が男に罰を与えているところに行きあったので、追い払ってやった。男は感謝しながら「妻殺しの罪で責められていたのです。今からアテネ宮殿に保護を求めにいきます」と言った。お礼に戦闘が少し有利になるメダルを貰い受ける。
 それにしてもミノス王の宮廷には「グライアイ姉妹の目を持っているなら」という選択肢があったが、目なぞ手に入れられる方法はなかったようじゃがなぁ。

 やがて港についた拙者は船に乗船する。ポセイドンが守り神だけあって、船旅も順調でござる。もちろん今回は、親書をしっかりと保護しながら旅を続けることができたぞ。
 ある島で村人を困らせている黒騎士を退治してやり(このとき村人のお礼の品により、名誉点を10点消耗することで一回余分にゼウスの加護を受けられる権利を得た)、ヘパイストスの武具も間違えなく手に入れる。
 クレタ島を守護するタロスには多少苦戦したが、なんとか退治に成功した。
 やれやれ、これでやっとクレタ島に到着だわい。次回から「ミノス王の宮廷」に戻れるの。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。