スポンサーサイト
--/--(--) --:--|スポンサー広告|-|-|edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アルテウスの偉大なる冒険談 第42話
01/06(Tue) 00:04|ギリシャ神話アドベンチャーcomment(0)trackback(0)edit
<注:これはミノス王の宮廷のプレイレポートじゃ。ネタバレもあるから承知の上で読んでくれ>

 少し時間をもてあましたので、アリアドネ姫の部屋に向かってみた。
 今回の冒険ではまだ彼女とは出会っていない。一度は面会しておいたほうがいいじゃろう。
 アリアドネ姫の部屋の扉では、アマゾンの女戦士が一人で門番をしていた。レンブラだ。
 彼女にアマゾンの女王からいただいた宝石のブローチを見せると、レンブラは拙者に敬意を示してあっさりと通してくれる。(名誉点1を得る)
 アリアドネ姫は、物怖じせずに拙者の話し相手をしてくれ、毛糸の玉をくれた。
「これはなんでござるか」
「あの兄(ミノタウロス)のいる迷宮に放り込まれた時に、使うといいわ。毛糸の端を入り口に結び付けて歩いていけば、いつでも毛糸をたどって入り口まで帰ってこられるから」
「なぜ拙者が迷宮に入るのでござるか?」
 拙者は少し驚いた。彼女は拙者がミノタウロス退治にきたのを知っているのだろうか。しかし、彼女の答えは違うものだった。
「あら、だって父(ミノス王)は、どのみちあなたを迷宮に放り込んでミノタウロスへの生贄にするつもりだもの。あなたは気づかなかったの?生贄を差し出すのは許してほしいというアテネの願いは、絶対に応じられないのよ。そうすればクレタは滅亡してしまうから」
 やはり、食えない奴であったな。ミノス王は。
「でも、あの迷宮を通り抜ける簡単な秘訣があるわ。それは…」
「誰かがやってくる。アルテウス!さっさとここからお逃げ」
 アリアドネ姫が言いかけたとき、レンブラがあわただしく部屋に入ってきて拙者を部屋の外に連れ出した。
 あの迷宮の地図はすでに大部分は完成しているが、姫の言葉が気になるでござるな。

 そのあと、女神デメテルを称える舞踊会に参加することになる。
 しばらくアンドラという女性と一緒に踊っていると、不意に腹に激痛が走った。
 見ると、サンダルから鉄の刃を飛び立たせた男が、逃げていくではないか!何者かが雇った暗殺者らしい。
 傷は浅いが刃物には毒が塗ってあったらしい。薄れ行く意識の中で拙者はゼウス神に祈った。

 医神アスクレピオスの面影がまぶたに浮かび、拙者はベットから飛び起きる。(持久点5を失う。また、ゼウスに復活させてもらったので、名誉点1、恥辱点0の状態になる)
 なんとか助かったらしい。それでも、名誉点の貯金がなくなったのは痛すぎるわい。
 窓を見ると夕日が見え、いろいろあった長い一日もやっと終わろうとしていた。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。